蝶番(ちょうつがい、ちょうばん)とは

蝶番(ちょうつがい、ちょうばん)とは

扉や蓋を開閉させる部品の事です。
英語ではHinge(ヒンジ)と言います。
その形状が蝶々に似ている事から 「蝶番(ちょうつがい)」と呼ばれるようになったそうです。

「番(つがい)」には、二つのものが組み合わさって一組となるもの、雄と雌(夫婦)、関節、等の意味があります。建設業界では略字の「丁番」が用いられることが多く「ちょうばん」とも読まれます。
一般的な平蝶番は、2枚の羽と1本のピン(回転軸)で構成されています。
仏具として日本に伝わったと言われており、建築の発展とともに様々な機能を持った蝶番が生み出されました。

無くてはならない蝶番
身近なところで活躍

蝶番が無ければ開閉動作は生まれません。
もし、扉に蝶番が付いていなかったらどうなるでしょうか?
扉はただの板となり、建具としての開閉機能を果たすことはありません。
ちなみに、蝶番が活躍している場所は扉だけではありません。
ピアノの鍵盤蓋、トイレの便座便蓋、ノートパソコン、など開閉動作を伴うところには必ず蝶番が使われているのです。

無くてはならない蝶番身近なところで活躍

蝶番を見てみよう

一般的な平蝶番を分解してみると、下図になります。
大きく分けて、「羽根」と「ピン(軸)」で構成されており、軸を支点に羽根が回転する機構になっています。

蝶番を見てみよう

蝶番ができるまで

鋼板の状態から蝶番の形になるまでの工程をご紹介します。
まずは、とても大きいサイズの鋼板を必要なサイズに切り出し(シャーリング)します。
その後プレス機で切断する型の形に合わせ外形抜きをし、ねじ穴をあけます。
そして管になる部分を曲げたあとに、軸となるピンを圧入して蝶番が完成します。

蝶番ができるまで

蝶番の種類

蝶番は扉だけでなく様々な場面で活躍していますが、その役割によって、変幻自在に形や機能を変えながら色々なところに入り込んでいき、人々の快適を支えています。
ここでは、たくさんある蝶番の中から、代表的な蝶番をご紹介します。

蝶番の種類
形状例
英語の呼び方
説明

平蝶番(平丁番)

Butt Hinges

LSB型

LSB型

Butt Hinges
最も多く使われている一般的な蝶番です。

長蝶番(長丁番)

Piano Hinges

LSN型

LSN型

Piano Hinges
軸方向に長くした蝶番です。
扉(蓋)1枚に対して蝶番1枚で使い、扉(蓋)長さと 同じ蝶番長さで使用する事が多く、セキュリティ性を求める場合に使用される事もあります。

抜き差し蝶番
(抜き差し丁番)

Lift-Off Hinges

KN型

KN型

HG-KH型

HG-KH型

Lift-Off Hinges
抜き差しができる丁番です。
扉側と枠側を簡単に分離できるので、吊り込みがしやすい、メンテナンスがしやすい、等のメリットがあります。旗蝶番は、抜き差し蝶番の一種です。

スプリング蝶番
(スプリング丁番)

Spring Hinges

HG-SHL型

HG-SHL型

DA型

DA型

Spring Hinges
ばねが入った蝶番です。
ばねの反力で常に開く(または閉じる)方向に可動する蝶番です。

スライドヒンジ
(スライド丁番)

Concealed Hinges
European Hinges

J95

J95

H95TSH

H95TSH

Concealed Hinges
European Hinges
家具・キッチン業界では一般的な蝶番です。
多軸になっており、特殊な軌跡でスライドしながら開閉する為、連続扉であっても扉同士の隙間が小さく できます。 表からは蝶番が見えません。
主には木工用ですが、近年は産業機械などでも幅広く 使われており、板金取付用などもあります。 3次元調整・ワンタッチ着脱・ダンパー付など便利な 機構が色々と付与しています。

隠し蝶番
(隠し丁番)

Concealed Hinges

HES3D-120

HES3D-120

R型

R型

Concealed Hinges
ドア(扉)の表からも裏からも見えない蝶番です。 多軸になっており、デザイン性の向上に貢献します。 近年の建具では3次元調整が主流です。
英語だと「Concealed Hinges」でスライドヒンジ の英語と同じ表記になります。

トルクヒンジ
(フリーストップヒンジ)

Torque Hinges

HG-TS型

HG-TS型

HG-DTB型

HG-DTB型

Torque Hinges
任意の位置で扉(蓋)を保持させる事ができる蝶番です。軸部に摩擦を発生させてトルクを出しています。
モニターの角度調整用途としても使われています。
詳しくはこちら

ダンパーヒンジ
(ソフトダウンヒンジ)

Damper Hinges
Soft-Close Hinges

HG-TS型

HG-JH型

HG-DTB型

UDH-16型

Damper Hinges
Soft-Close Hinges
扉(蓋)をゆっくりと静かな動作にする蝶番です。粘性体による抵抗でスピードを低減させます。トイレの便座・便蓋にも使用されている機構です。
詳しくはこちら

パワーアシストヒンジ

Lift Assist Hinges

HG-PA200型

HG-PA200型

Lift Assist Hinges
ばねを搭載し、重い蓋(扉)を軽く持ち上げる事ができ る蝶番です。
詳しくはこちら

クリックヒンジ

Detent Hinges

HG-MPS2型

HG-MPS2型

MPH型

MPH型

Detent Hinges
一定の角度まで可動させた時にクリック感を付与(仮保持)させる蝶番です。 二つ折れタイプの携帯電話機に使用されました。
詳しくはこちら

ガラス蝶番
(ガラス丁番)

Glass Door Hinges

GH-34-8型

GH-34-8型

M8500型

M8500型

Glass Door Hinges
ガラス扉(蓋)用の蝶番です。 ガラス加工が必要なものから不要なものまで種類はさまざまです。

グラビティーヒンジ
(グラビティー丁番)

Gravity Hinges

XL-GH05-120型

XL-GH05-120型

Gravity Hinges
自重で自閉及び自開する蝶番です。 シャワーブースやトイレブース等で使われています。

ピボットヒンジ
(ピボット丁番)

Pivot Hinges

PL-65型

PL-65型

HG-PV60AC型

HG-PV60AC型

Pivot Hinges
扉の上下の端に取り付けて、可動する蝶番です。

ドロップ蝶番
(ドロップ丁番)

Drop Hinges

SDH-P型

SDH-P型

Drop Hinges
TVボードやライティングデスクなど下開きの扉に使用 する蝶番です。全開時に扉と収納部底面がフラットに なるのが特長です。

クリーンヒンジ

Clean Room Hinges

HG-CV型

HG-CV型

Clean Room Hinges
金属同士が摩耗しないように摺動部に樹脂キャップ等が施されている蝶番です。(金属の摩耗粉が出ない様にしている)
クリーンルームなど半導体製造業界で使われることを想定して開発されました。

蝶番の取付について

目安

  • 2,000mm以上の扉には3個以上ご使用ください。

    スライドヒンジや隠し蝶番は各々の目安に従って下さい。

  • なるべく上下に離して取付した方が、耐荷重や扉の垂れに対して有利です。

    長蝶番を使う場合は、扉長さと同等の長さでの使用が好ましいです。

    3枚以上使う場合は、均等に取付てください。

  • 木扉では、扉の反りが発生することを考えると、反り防止として蝶番を3個以上取り付けることもご検討ください。
    耐荷重(強度)は、蝶番だけでなく、取り付ける相手方の素材やねじにも影響されます。
    強度をしっかり保てるように工夫してください。
蝶番の取付について

TOPに戻る