選定ツールさスガくん

基礎知識スイベルヒンジ(HG-S)操作力の考え方

スイベル(水平)方向に回転する場合、蓋・扉の質量は理論上関係ないため、以下の計算式で算出できます。

スイベルトルクヒンジHG-S50-34(トルク値 5.0±20%N・m)、質量=3kg、 回転中心から操作点までの水平距離=450mmだった場合、 操作力は5.0N・m÷450mm×1000=11.11Nとなります。 さらにトルクのバラつきが±20%あるため、 下限値に振れた場合は5.0N・m×0.8÷450mm×1000=8.89N、 上限値に振れた場合は5.0N・m×1.2÷450mm×1000=13.33Nとなります。 すなわち、8.89N~13.33N で操作できると考えられます。

回転中心から操作点までの距離 mm
スイベルヒンジのトルク値 N・m
操作力 ---- N
スイベルヒンジ トルク値一覧
 製品の詳細はこちら
トルク値N・m 品番
0.7±20% HG-S7-MN
2.0±20% HG-S20-MN
3.0±20% HG-S30-12
5.0±20% HG-S50-12
3.0±20% HG-S30-21
5.0±20% HG-S50-21
5.0±20% HG-S50-34
7.0±20% HG-S70-34
7.0±20% HG-S70-50
10.0±20% HG-S100-50
5.0±20% HG-S50-75
7.0±20% HG-S70-75

※参考値

上から見た図

回転中心にトルク発生軸がないトルクステーは、計算式が異なります。

トルクステー選定ツールをご利用ください。

上から見た図

上から見た図

通常のトルクヒンジ (回転中心にトルク発生軸がある)

トルクステー (回転中心にトルク発生軸がない)

Copyright © SUGATSUNE KOGYO CO., LTD. All rights reserved.